SORAMICHI
  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. マーケティングDX アクセス解析
  4. 次世代Google Analytics「GA4」、特徴や変更点は?

メディア

次世代Google Analytics「GA4」、特徴や変更点は?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代Google Analytics「GA4」、特徴や変更点は?

 2020年10月、Google Analyticsの次世代バージョン「GA4」が正式にリリースされました。Google Analytics登場以来の大幅な変更となり、戸惑いを覚える人も多いようです。しかし、GA4の特徴を知り、活用することで、ユーザーの傾向をより詳細につかむことができ、さらなる集客に繋げることができます。今回の記事では、GA4の特徴を具体的に解説していきます。

 

 

セッションからイベントへ

端的に言えば、GAでは断片的なデータ収集だったものが、GA4ではユーザー(顧客)の行動を中心に測定するという違いがあります。従来のGAでは、アプリとwebサイトでのページビューをセッションとして計測していました。その結果、アプリとウェブで計測するページビューが、それぞれ別々になってしまい、正確なユーザーの行動分析が難しい面があります。これに対して、GA4ではアプリとwebサイトの両方でユーザーを軸としたイベントの計測を行います。

イベントの計測により、真の分析ができることになります。

g4_02_05.png 

エンゲージメント

GAで計測された「直帰率(ユーザーがサイトの入口ページだけ見て帰った)」は、GA4ではなくなりました。サイトのひとつのページを見て帰るといっても、5秒なのか10秒なのか、または30秒なのかによって、そのサイトへの関心は違いがあるものです。しかしGAでは、それらすべてが直帰率として計測されていました。GAでの直帰率は誤解を招く指標であるとしてなくなったといわれています。

 

ga_insight.jpg

 

そこでGA4では、新たに「エンゲージメント」を取り入れました。エンゲージメントからユーザーの関心度を捉えることができ、webサイやアプリ内でユーザーがどのページを見たのか、すべてのマーケティング活動のユーザーの行動を総合的に把握できます。
例えば、新規ビューが増えた場合でもエンゲージメントが低ければ、有効なユーザー増加とはいえません。GA4のエンゲージメントは、「10秒以上の滞在」「2個以上のイベントの発生」「CV(コンバージョン)イベント発生」のいずれかがあるとカウントされます。エンゲージメントの高いセッションが増えることが、サイトの成長となると考えて良いでしょう。

 

分析機能の充実

分析ハブというレポートも追加されました。設定画面から自身で何を特化して分析するかをカスタマイズできます。

 

・データ探索機能

GAではレポートが用意されていました。もちろんGA4でもレポートは装備されていますが、デバイスごとやページごとに「流入数」「問合せ」など、知りたい項目を追加してレポートを作成し、分析を深めることができます。表現についても様々なグラフを作ることができます。

 

・コホート分析

指定した日に流入したユーザーを一つのグループとして、リピート率やコンバージョン率を測定できます。新規ユーザーよりもリピーターの方がコンバージョンに繋がりやすい傾向にあり、マーケティングにおいて重要な分析といえます。
 

・目標達成プロセスの分析

自由にステップを設定し、サイトやアプリを訪れたユーザーの何パーセントが達成したかを知ることができます。どのステップでユーザーが脱離するかを知り、サイトを改善することができます。
 

・経路の分析

サイトに訪れたユーザーが、どういった経路でページを訪れたかという詳細なデータが分かります。最終的に誘導したいページに訪れたユーザーが、どういう経路を辿っているかを逆引きすることでサイトを構築改善しやすくなります。

 

予測指標

GA4では、独自の機械学習機能を使って、データから新たにインサイトを見つけることで適切なユーザーにリーチすることが可能です。ユーザーインサイトを見つけることで、消費者の新しい需要を満たすアプローチやキャンペーンを展開できます。

 

g4_ai.jpg 

多くの企業が、ユーザーインサイトの収集のために多大な労力を注いできました。GA4では、Google の機械学習機能によって構造化されたイベントデータを収集し、効率的に知ることができます。

ユーザーインサイトの収集がマーケティングに重要なことは明らかです。人間の行動は、97%が無意識での判断が大きく影響するといわれています。ユーザーインサイトを把握することで、サイトのアクセス向上や売上に結びつくマーケティングが可能となります。

 

プライバシー重視のデータ収集

近年、プライバシー保護の問題から、Cookieを活用したデータ計測の廃止が世界基準となりつつあります。ユーザーがサイトにアクセスした際、Cookie情報が保存され、このCookieによってサイト運営側がユーザーのアクセス履歴を追跡することが可能です。GAはCookieを利用して分析が行われていたのに対し、GA4では個人情報保護の観点からユーザーの行動を中心に測定し、Cookieに頼らない分析が可能となりました。

 

まとめ

GAを使用しながらでも、GA4を設定することは可能です。GA4に情報が蓄積されてきた時点で完成移行することもできます。
ユーザーの行動を知らずして、マーケティング強化はできません。今日からGA4を設定することをお勧めします。

#デジタルマーケティング#マーケティングDX

 

CONTACT

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。