SORAMICHI
  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. マーケティングDX アクセス解析
  4. WEBマーケのいろは⑤〜着実に成長している「アプリ広告市場」の実情調査〜

メディア

WEBマーケのいろは⑤〜着実に成長している「アプリ広告市場」の実情調査〜

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WEBマーケのいろは⑤〜着実に成長している「アプリ広告市場」の実情調査〜

Webマーケティングの業界用語、重要性を解説するSORAMICHIお役立ち情報シリーズ「Webマーケのいろは」。第5弾は「アプリ内広告」です。アプリ内広告のメリット市場の現況将来性などを解説します。

 

 

アプリ内広告とは?

アプリ内広告とは、スマートフォンのアプリの画面上に表示される広告のことです。広告を出稿する企業にとってアプリは多くの人にアプローチできる魅力的な場であり、アプリの開発者にとっては重要な収入源となっています。

スマートフォンの普及にともないアプリ内広告市場も成長しており、出稿する企業が年々増加しています。

 

アプリ内広告市場の現況と将来性

アプリをマネタイズする方法のひとつとして、アプリ内広告市場は着実に成長しており、今後広告出稿の急増が予想されます。

パブマティック株式会社が行った「日本国内におけるアプリ内広告の意識調査」によると、2019年時点でのデジタル広告予算全体におけるアプリ内広告予算の割合は28%で、「アプリ内広告は今後市場として伸びていく」と予想されていました。

また株式会社電通が行った「2020年 日本の広告費調査」によると、コロナ禍で2020年の日本の総広告費が前年比88.8%減となる中、インターネット広告費は一貫した伸長を続け、特に大きな伸長を見せたのが動画広告です。アプリ広告のベーシックなフォーマットであるディスプレイ広告とあわせると、インターネット広告費全体の54.6%を占めました。

Web領域が不調気味であるのに対し、アプリ領域は「巣ごもり需要」を追い風にさらに拡大しているといわれています。消費者がアプリを使う時間が長くなるにつれ、そこへリーチする広告の需要も当然高まっていくでしょう。

アプリ内広告

 

アプリ内広告のメリット

アプリ内広告はWeb広告と比べてまだ競合が少ないため、費用対効果が高い広告運用が可能です。

アプリ内広告は「エンゲージメント」が高く、アプリユーザーにリーチできるのが魅力ですが、最近では有効な分析ツールを用いて、より効果的なアプリ内広告を配信できるようになってきました。

アプリ内広告のメリットを以下にまとめます。

 

①優れたターゲティング

アプリの特性やユーザー層を入念に調査することによって、優れたターゲティングが可能です。現在の状況、興味・関心などのユーザーインサイトに近づくことで、より精度の高い広告配信が可能となります。

 

②ユーザーに視認されやすい

アプリ内に表示された広告は基本的にユーザーに視認されるため、Web広告よりもクリック率が高い傾向にあります。インフィード広告や全画面広告など、ユーザー体験に合わせた配信手法を用いることで、クリック率をさらに伸ばすことができます。

 

③コンバージョン(CV)率が高い

もともとユーザーが好んで利用しているアプリ内に表示されるため、ユーザーのエンゲージメントが高く、結果としてCV率が高くなる傾向にあります。

 

④競合が少なくコスパが良い

広告掲載枠数に対して出稿している企業数が少ないというのがアプリ内広告市場の現況です。費用を抑えつつ高いクリック率が得られるアプリ内広告は、商機拡大につながります。

 

アプリ内広告のメリット

アプリ内広告の実情

アプリ内広告に関して、「どうやって配信したらいいの?」といった基本的な疑問から、「トラフィックを増やす方法が知りたい」「スマホユーザーに特化した広告を出したい」「費用対効果が高く競争率が低い場所で広告を出したい」といった要望が多く寄せられています。

アプリ内広告は市場が形成されつつありますが、まだまだノウハウが確立されておらず進化の途上にあります。SORAMICHIでは、これまで広告運用で培った多彩な経験を活かして顧客のアプリ内広告運用の最適化を図ります。

 

SORAMICHIの「アプリ内広告」3つの強み

アプリ内広告解析

①最適な広告媒体の選定

アプリ内広告には数多くの媒体や手法があります。これらに精通したSORAMICHIのメンバーが、お客様のビジネスや目的に応じて最適な媒体や手法をご提案いたします。

 

②他のマーケティング施策と連携

アプリ内広告では、アプリインストールやWebサイト、動画チャンネル、記事ページへの誘導など、他のマーケティング施策との連携が重要です。SORAMICHIのエキスパートがアプリの特性やユーザー特性に合わせて最も効果的な連携を実現します。

 

③定期的なレポーティング

広告を運用するにあたり、レポートに基づいた継続的な改善は必要不可欠です。SORAMICHIは定期的にレポーティングを行い、それに基づく様々な運用改善案を展開することで更なる成果につなげます。



#デジタルマーケティング#マーケティングDX#アドクロウト#リスティング広告

CONTACT

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。