SORAMICHI
  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. マーケティングDX
  4. WEBマーケのいろは③〜動画広告の重要性〜

メディア

WEBマーケのいろは③〜動画広告の重要性〜

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WEBマーケのいろは③〜動画広告の重要性〜

Webマーケティングの業界用語、重要性を解説するSORAMICHIお役立ち情報シリーズ「Webマーケのいろは」。第3弾は「動画広告」です。動画広告の期待できる効果メリット制作のポイントを解説します。

 

 

動画広告とは?

テキストや静止した画像ではなく、動画を用いてつくられた広告は動画広告と呼ばれます。動画視聴の急速な拡大とともに、動画広告市場も急成長しています。

動画広告を大きく分けると「インストリーム動画広告」と「インバナー動画広告」があり、それぞれに異なる特徴があります。また、YouTube、Twitter、その他のSNSなど、動画広告を扱う媒体も増えています。

 

動画広告の重要性

動画視聴がネット利用の主役となった今、動画広告の重要性は日に日に増しています。動画広告の活用は、すでに静止画の広告を上回りつつあります。また、それに合わせて動画広告フォーマットの技術革新も進んでいます。

動画広告の最大の特徴は、「商品・サービスの提供価値をストーリーやイメージで伝えることで感情を動かす」こと。狙う効果や対象とするユーザーを明確にしながら制作・配信することが大切です。

動画広告
動画広告のメリット

動画広告の主なメリットを紹介します。

①多くの情報を伝えられ、視覚と聴覚で印象に残る

動画は視覚と聴覚という2つの感覚に訴えることで、より多くの情報をユーザーに伝えることができます。図やイラストを駆使することで、テキストでは理解しづらい内容もより直感的に捉えられ、印象に残りやすいものとなります。

 

②ストーリーを伝えやすい

ユーザーの心を動かすにはストーリーが必要です。その商品やサービスがなぜ開発され、どのような人が実際に使用し、使用体験を通じてその人がどう変化したのかを、より直接的にユーザーの心に訴えかけることができます。

 

また、Webサイト内で最初・最後に閲覧したページ、平均閲覧ページ数、サイト内導線といった入口、離脱、回遊状況を把握することで、施策の効果を検証できます。

 

③細かく効果検証できる

動画では、表示回数、再生数、再生時間、クリック数、コンバージョン(CV)率など、ユーザーインサイトを様々な切り口で測定できます。細かく効果検証することで、動画広告の改善につなげることができます。

 

④言語の壁を越えたアプローチ

さらに動画では、イラストや音などの非言語要素を活用した、言語の壁を越えたアプローチが可能です。そのため、海外ユーザーやインバウンド顧客にも商品やサービスの魅力を伝えることができます。

 動画広告のメリット


動画広告に関するよくある悩み

動画広告に関して、「興味はあるが配信方法がわからない」「効果検証のやり方がわからない」といった基本的な悩みから、「動画以外のWeb広告とも連携を強化したい」「動画広告のCVを改善したい」といった要望が多く寄せられます。

また、「せっかく手間と時間をかけて動画広告を作ったのにスキップされてしまう」と悩む企業も少なくありません。
動画広告導入

SORAMICHIには、動画制作や運用の経験が豊富なメンバーはもちろん、デジタル広告やマーケティングの専門家も多数在籍しています。動画広告と連携したランディングページ(LP)の制作やバナー広告など、幅広い施策を展開できます。

 

 

SORAMICHI の「動画制作」3つのポイント

①丁寧なヒアリングと的確なプランニング

まずお客様のビジネスや事業課題を丁寧にヒアリングし、目的に応じて的確にプランニング。動画のクリエイティブから尺の長さ、配信手法まで、最適なソリューションをご提案いたします。

 

②戦略から運用までワンストップ

戦略の立案から動画の企画・制作、動画広告の運用まで、ワンストップでサポートいたします。日々変化するユーザーの反応や成果に対し、データ分析のプロフェッショナルが膨大な定量データをもとに改善策をご提案いたします。

 

③動画と連携したLP・バナー制作

ランディングページやSNS広告用のバナー配信など、ユーザー獲得のためのプランニングから制作まで、総合的なアプローチで動画広告の効果を最大化します。さらに、複数の広告手法を横断的に展開し、費用対効果を最大限に高めます。



#デジタルマーケティング#マーケティングDX#アドクロウト#リスティング広告

CONTACT

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。