SORAMICHI
  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. マーケティングDX
  4. WEBマーケのいろは②〜Google Tag Managerの基本のキ〜

メディア

WEBマーケのいろは②〜Google Tag Managerの基本のキ〜

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
WEBマーケのいろは②〜Google Tag Managerの基本のキ〜
Webマーケティングの業界用語、重要性を解説するSORAMICHIお役立ち情報シリーズ「Webマーケのいろは」。第2弾は「Googleタグマネージャー(GTM)」です。GTMの基本メリットや機能、さらには導入のポイントを解説します。


Googleタグマネージャー(GTM)とは?

Webサイトのアクセス解析や広告の効果測定には、関連するトラッキングコードやコードの総称である「タグ」をサイトに埋め込む必要があります。GTMは、Webサイトやモバイルアプリに含まれるこれらのタグを簡単に管理できるシステムです。さらに、トリガー・変数などを用いて様々なユーザー行動を把握し、Webマーケティングの精度を高めるのに役立ちます。

「Webサイトが大きくなりすぎて更新が大変」「人手が不足していてサイト運用に人員を割けない」などの悩みを抱える企業にとっては、解析タグや広告タグ追加に伴うコード編集の手間を省いてくれる大変便利なツールです。

GTMのメリット

GTMはWebサイトを一元管理するためのツールです。今やサイト運営に必須の存在と言っても過言ではありません。そのメリットを以下にまとめます。

①コードの管理がシンプル

GTMを利用することで、広告タグや様々なツールのタグを一元管理できるため、ソースコードの管理がシンプルになります。

②コードの更新作業を効率化

大規模なサイトの場合、様々なタグの更新だけで膨大な作業となります。GTMを使えば、管理画面で操作するだけで任意のページにタグを挿入できるため、更新作業の工数を大幅に削減できます。

③プレビューで動作確認できる

プレビューモードにすれば事前にタグの動作確認ができるため、トラブルを未然に防ぐことができます。

④トラブル時にはバージョンを戻せる

タグの更新や新規設置時には予期しないトラブルが発生します。GTMは更新前のバージョンを保存・管理しているため、トラブル発生時にはすぐに前のバージョンに切り戻すことが可能です。

⑤無料ツール

無料で利用できることもGTMの大きなメリットです。多様な機能と利便性を兼ね備えたツールを、費用の心配をせずに利用できます。


GTMの主な機能


①タグ

GTMではページに追加されるタグを管理することができます。トリガー(②参照)で設定した条件を満たすとタグが作動します。この時に便利なのがコンバージョン(CV)リンカーなどのツールです。GTMとCVリンカーを組み合わせることでクリックデータを収集することも可能となり、CVデータ測定の精度向上につながります。

②トリガー

トリガーはタグ配信の設定に必要な要素です。トリガーの種類を決定した後、変数(③参照)を用いて条件を組み合わせることで、より詳細な設定が可能となります。

③変数

GTMにおける変数とは、Webサイト等でコード実行の際に入力される値の名前のついたプレースホルダのことです。例えばURLや商品、サービスによって値は変動しますが、これに対応する受け皿のようなものです。変数はトリガーとタグの両方で使用します。

GTM導入のポイント

ここではGTMをWebサイトに導入するポイントを簡単に説明します。

アカウントの設計

GTMのアカウントは、アカウントとコンテナの二層構造となっています。アカウントとは、コンテナを管理するグループを指します。一般的に、サイトの管理会社ごとに1アカウントを振り分けるよう設計を考えます。

既存Googleアナリティクスへの注意

GTMアカウント開設後は、Googleアナリティクスとの連携も可能です。Googleアナリティクス単体でも管理は可能ですが、GTMからの新規連携を行うことでより効率的な管理が可能になります。ただし、その場合は該当するタグの設定が必要です。

また、すでにGoogleアナリティクスで単独管理している場合はページビューに誤差が生じたり、二重カウントになったりする場合があるため、旧Googleアナリティクスは削除し、GTMからGoogleアナリティクスを新たに設定する必要があります。


SORAMICHIの「GTMコンサル」

株式会社SORAMICHIでは、広告やWebサイト運用における経験豊富なコンサルタントがGTMの導入から活用方法までを懇切丁寧にご提案いたします。

①GTMの豊富な経験とノウハウ

GTMの運用には、ツール機能や管理方法だけでなくWebサイトの技術や知見、データ分析や様々なツールのノウハウが必要不可欠です。SORAMICHIでは、Webマーケティングやサイト運用、データ分析など多種多様な経験を持つメンバーが導入や運用サポートをご提案いたします。

②データ分析・アクセス解析との連携

前述のように、GTMとGoogleアナリティクスを連携することで、Webサイトのユーザー行動をより深く解析することが可能です。SORAMICHIではデータ分析やアクセス解析における豊富な経験を活かし、より効果的にGoogleアナリティクスとの連携を行っていきます。

③広告運用の高度化

GTMでは、カスタムJavaScriptを活用して様々なデータを取得できます。特定の商品をコンバージョンしたデータを変数として広告データに連携することで、アップセルやクロスセルなどの広告運用の高度化なども実現可能です。

SORAMICHIの「GTMコンサル」では、このようなGTMの活用方法をわかりやすくご提案・サポートいたします。

#デジタルマーケティング#マーケティングDX

CONTACT

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。