SORAMICHI
  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. アクセス解析
  4. サイトの「導線」と「動線」どう違う?顧客が離れないサイト設計の作り方

メディア

サイトの「導線」と「動線」どう違う?顧客が離れないサイト設計の作り方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サイトの「導線」と「動線」どう違う?顧客が離れないサイト設計の作り方

似ているようで意味は異なるマーケティング用語に「導線」と「動線」があります。今回はその違いとともに、ユーザーにしっかりと閲覧してもらうためのサイト設計である導線設計と動線分析のポイントも合わせて紹介します。

  

「導線」と「動線」どう違う?

 

導線と導線設計とは

導線とは、「導く線」と書くように、サイトのオーナーが「サイトを訪問したユーザーがどのように動いてほしいか」を予測して、あらかじめルートを準備しておくことを意味します。

ユーザーが実際にサイトに訪問した際に動きやすいルートを用意し、最短で目的のアクションに到達できるように工夫するのが「導線設計」です。あくまで予測にもとづく想定で設計していくので、何度も設計を練り直す必要があります。

動線と動線分析とは

動線とは、サイトを訪問したユーザーが実際にサイト上をどのように動いたかというルートのことです。導線はサイトのオーナーが「予測するもの」であるのに対して、動線はサイトを訪問したユーザーのサイト内で「動いた結果」を意味します。

ユーザーのサイト上での行動を観察し、現状の導線設計にどのような問題があるかを考えることを「動線分析」と言います。動線を分析することでユーザーの心理状況を知ることができます。したがって、「動線」は目的のアクションに到達しない理由や問題点を見つけるのに役立つ分析材料と言えるでしょう。

「導線」と「動線」、どちらが重要?

結論から言うと、どちらも重要であり、どちらか一方が欠けてしまうと成り立ちません。
サイトをより良くするためには、導線設計と動線分析を繰り返していくことが必要不可欠です。

導線設計の重要性

闇雲にサイトを作っても、なかなか効果的な導線を引くことはできません。
いくらSEO対策や広告を掲載してサイトへの流入数が増えても、サイトに訪問したユーザーが見るページを迷ってしまったり、どう進めばいいか分からなくなってしまうとサイトの離脱率が上がってしまいます。

導線がしっかりしていないと、ページのビュー数ばかりが多いのにユーザーが目的のアクションを起こしてくれないという非常にもったいない状態に陥ることも少なくありません。

丁寧に導線設計がされたサイトでは、訪問したユーザーが必要な情報を見つけやすかったり、目的のアクションまで到達することが容易です。

動線分析の重要性

様々なユーザーのパターンを想定し、綿密に設計したとしても、実際に訪問したユーザー全員が想定した通りの導線を完璧に辿っていくことはほとんどありません。

予測した通りに動いてくれないユーザーが多い場合、動線分析をして問題の原因を突き止めることで、さらなる改善へとつなげることができます。

つまり、導線設計をするために動線分析が必要になってきます。
サイトを訪問したユーザーがどのようにサイト内で動いたのか、そのデータがなければ効果的な導線を設計することはできません。

導線設計のポイント

 

ユーザー目線でサイト設計を行う

サイトの導線設計をする上で、最も重要なポイントが「ユーザー目線」です。
ユーザーの立場や状況、熱量の違いによって、サイト上での行動にも違いが生じます。ユーザーの行動を複数のパターンで想定し、それを導線設計に落とし込んでいくことがポイントです。

また、動線分析の結果や、ペルソナやターゲット像などを利用して、サイトにどんなことを求め、どのように行動するか予測をたて、設計していきましょう。

購入してほしい商品やサービス、押してほしい申し込みボタンなどを単純に目立たせるだけでは、本質的なユーザー目線とは言えません。ユーザーが情報を自ら求め、自然に目的のアクションを起こせるようなルートができていると、離脱率が下がり、滞在時間が長くなります。


トップページの重要性を理解する

導線設計を考えていると、目的となるアクションにつながるページ周辺ばかりに注力したくなりがちですが、トップページも非常に重要です。サイトを訪れたユーザーは、トップページの第一印象でそのサイトを見るかどうかを瞬間的に判断しています。

トップページに関することで注意したいことがいくつかあります。
まず、サイトの特徴が分かる情報を掲載することです。そのサイトがどのようなサイトなのか一目でわかる必要があります。

また、各ページへスムーズに移動できるよう、ボタンの配置を分かりやすくしたり、目立たせりして、ユーザーが次に取るべきアクションを分かりやすくしておくことは重要です。

さらに、サイト内の全ページから、トップページに戻るためのリンクを用意しておくことも大切です。もしユーザーがサイト内で次に進むアクションに迷ってしまっても、最初からやり直すことができます。

動線分析のポイント

 

どのページからサイトに入ってきているか確認

いわゆる、ランディングページの分析に当たります。導線の開始点を明確にしないと導線を設計することはできません。優先的にこのページの導線を設計することで、効率的に成果を出すことができるでしょう。

最もよく閲覧されているページを把握

最もよく閲覧されているページは、導線設計を行った際に良くも悪くも影響が大きいページと言えます。もし、意図しないページの閲覧が多ければ、導線設計がうまくできていない可能性があります。

しかし、このページをうまく利用し、その内容をブラッシュアップすることで、効率的に成果につなげる事ができるかもしれません。

サイト内でのユーザーの行動フローを確認

ユーザーがサイト内でどのようにページを進んだかという流れを「行動フロー」と言います。
ユーザーが目的のページに辿り着かずに離脱していたり、目的のページに達しているのにコンバージョンが上がらなかったりと問題は様々です。

行動フローを確認することで、幅広い情報を得ることができるため、サイトの改善には欠かせないポイントです。

まとめ

この記事では、「導線」と「動線」の違いや、それぞれの重要性、サイト改善に活かせるポイントを紹介しました。

導線設計、動線分析の両方が重要であり、どちらか一つが欠けてもサイト改善を適切に行うことはできません。導線設計と動線分析を繰り返し、改善を続けることで、目的のアクションを達成するユーザーを増やすことにつながるでしょう。

関連キーワード

CONTACT

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。