SORAMICHI
  1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. アクセス解析
  4. LPOって何?SEO・EFOとの違いを解説

メディア

LPOって何?SEO・EFOとの違いを解説

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LPOって何?SEO・EFOとの違いを解説

LPOという言葉自体は聞いたことがあっても、「本当に効果が出るのか」と疑問に思われる方、「LPO以外にもSEOとEFOなどあるが、違いがよく分からない」といった方も多くいらっしゃることでしょう。


この記事では、ページのCVR(コンバージョンレート)を上げるためのマーケティング手法「LPO(ランディングページ最適化)」が一体どういうものなのかを紹介します。また、LPOと混同しがちなSEOとEFOとの違いも合わせて紹介します。

 

LPOとは?



LPOとは、「Landing Page Optimization」の略称であり、日本語では「ランディングページ最適化」と訳されます。ではLP(ランディングページ)とはなんでしょうか?
ネットユーザーが情報を得るために検索やインターネット広告をクリックして、最初にたどり着くページのことをLPと言います。

LPOとは、このLPを最適化する施策(Optimization)のことを指しますが、この最適化についてさらに詳しく見ていきましょう。
ここで言う「最適化」とは、ページの途中で離脱しないように文章構成や画像の配置を工夫したり、ネットユーザーが得たい情報を簡単に入手できるように簡潔に分かりやすくしたりすることです。

最適化を行うことで、ネットユーザーがLPを見た後のアクションである商品購入や問い合わせ、会員登録などを行う確率を高めることができます。
また、このアクションを起こすことをCV(コンバージョン)、その確率をCVR(コンバージョンレート)と言います。
広義の意味では、ネットユーザーが最初に訪れるページは全てLPと定義されます。

しかし、Webマーケティングの業界で一般的に使われるLPとは、もっと狭い意味で使われており、主にバナー広告やリスティング広告などを通じて流入させ、商品購入などの目的に直接結びつけるため、特別に用意された縦長の1ページのことを指します。

LPOと混同されがちなSEO、EFOとは?

LPOの他にSEO、EFOという言葉も耳にすることが多いと思います。どれもアルファベット3文字の略語で混同することも多いかと思われます。LPOとの違いとともにSEO、EFOについて解説します。

SEO

SEOとは、「Search Engine Optimization」の略称であり、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。自然検索をした際に表示されるサイトの中で、自社サイトを上位に表示させるために行う対策のことを指します。

LPOは、LPを見たユーザーが商品購入や会員登録を行うための、つまり直接的にCVRを上げるための施策でした。それに対しSEOは、自社サイトに訪問してもらうための施策であるため、自社サイトへの訪問を直接的な目的としています。また、間接的にCVRを上げる施策とも言えるでしょう。

EFO

EFOとは、「Entry Form Optimization」の略称で、日本語では「入力フォーム最適化」と訳されます。問い合わせフォームや申し込みフォーム、会員登録フォームなどでの入力中の離脱を防ぐための施策を指します。フォームを表示させたネットユーザーは、少なからず購入や登録などのアクションを起こす意思があります。

しかし、入力項目が多すぎたり、半角全角などの表記の指示が不十分であったりすると、入力が面倒になり途中でやめてしまう人は少なくありません。
せっかく自社のサービスや商品に興味を持ってもらったのに、フォームで離脱されてしまってはSEOやLPOを行った努力が水の泡となってしまいます。

EFOは、ユーザーが自社サイトに興味を持って購入や登録を行うための流れの中では、最も重要な部分の施策と言えるでしょう。

LPOを行う上で押さえておきたいポイント

LPOはPDCAの繰り返し

LPOはどちらかというと時間のかかる施策であると覚えておきましょう。導入し始めてからすぐに効果が出るとは限りません。

期待する成果を出すには、現状のサイトの問題点や改善点を洗い出した上でプランを立て、実際にLPを作ってみて、結果を分析・評価し、改善を図っていく必要があります。つまり、PDCAサイクルを回す必要があるわけです。

LPOは効果測定が必要

前述したように、現状のサイトの問題点や改善点を洗い出したり、何度もPDCAを繰り返し、検証した結果を分析・評価する必要があります。したがって、LPOを適切に実施するには、現状のWebサイトのアクセス状況を正確に知っておかなくてはなりません。

そのためには、Google Analyticsのようなアクセス解析ツールを使用し、効果測定を行う必要があります。アクセス解析ツールでは、ユーザーがどこから来たかの情報、ユーザーのサイト内での動きがわかります。これらの分析データをもとに、検索キーワードやページごとの離脱率などの評価を行うことはLPOを行う上で必須と言えるでしょう。

まとめ

LPOの全体像やその他混同しやすい施策との違い、LPOを行う上でのポイントを解説しました。


LPO、SEO、EFOはそれぞれ実際に行っていることは異なりますが、目的は一貫してサイト流入から購入や登録などに至るまでに必要なこととして一致しており、相互に協調し合い、繋がっています。

どれか一つ行えばいいわけではなく、LPOを含めた複数の施策を状況に応じて組み合わせることで、ビジネスを加速させることに繋がるでしょう。

関連キーワード

CONTACT

お問い合わせ

資料請求・お問い合わせは、以下メールフォームまたはお電話からお寄せください。